ピアノ講師必見の優良求人広告の探し方

大学で学んだピアノの技術を生かして講師をしたいという方は、ピアノ講師の仕事を探していくことになります。求人は、普通の企業に比べて多い訳ではないですが、求人サイトなどでも見つけることができます。まずは、色々なサイトにアクセスしてみるところから始めましょう。時期的には、春や秋など、新学期が始まる時期に生徒募集をする音楽教室が多いため、講師を増やそうとして募集をかける場合が多いです。春に大学を卒業する新卒者の募集も多いですが、既に大学を卒業している既卒の人でも採用を検討している音楽教室も多いです。ピアノ講師という仕事の内容的に、教えることに対するキャリアがある人を優遇する考え方もあります。しかし、初めての場合でも教え方などを指導してもらえるので、安心して始められます。

良いピアノ講師の求人の見分け方

まずは、現在どれくらいの募集状況なのかを把握するところから始めましょう。需要がどれくらいあるか、ということです。ポストが少なければ、その分競争率が上がりますが、募集が多くかけられていれば入りやすくなります。音楽教室にも色々な種類があります。また、主催者の考え方で運営の仕方もさまざまです。まずは、その主催者の考え方に賛同できるかを考えます。ピアノだけを教えれば良いのか、他にイベントなどを企画したり実行したりすることもあるのか、生徒はどんな年齢層でどれくらいの人数がいるのか、などです。それは個々の音楽教室によって異なるため、応募する前にしっかりと確認しましょう。また、通いやすさや週に何回通うのか、給料の支払い体系はどうなっているのかなども確認が必要です。

自分自身が楽しく働けることが大切

ピアノ講師は生徒さん達に、ピアノを演奏することの楽しさを伝える役割を持ちます。そのため、講師自身が人に教えることが好き、楽しいと感じられるかどうかがカギとなります。講師自身が楽しんで教えられなければ、教わる生徒さんは楽しいと思えません。また、講師自身が向上心を持って、自らも学ぶ姿勢を持ち続けることも大切です。教えることについては、まだ経験が少ない場合は、研修制度を設けている音楽教室なら安心して始めることができます。演奏技術だけでなく、教えるためのスキルも学んでいくことで、より質の高いレッスンを行うことができます。子供の生徒に教える方法と大人の生徒に教える方法ではアプローチも変わって来るため、きめ細やかな対応が必要です。それらのノウハウを教えてもらえる機会があるかどうかも考慮しましょう。