ピアノ講師の求人はどうやって見つけるの?

ピアノ講師として働きたい場合、大手の楽器メーカーが主催している音楽教室の求人募集を探してみるのが近道です。楽器メーカーが主催している教室以外にも、街には音楽教室やカルチャー教室などもあり、ピアノ講師を募集している場合もあります。特に、募集が多く見られるのは春や秋などの新学期が始まる時期です。この時期は、新しく習い事をしたいという人が増えるため、講師の数を強化しようとしている楽器店が多くあります。楽器店側も、新入会のキャンペーンを行って入会金が無料になったり、大々的に体験レッスンを行うなど、生徒数を増やすために努力を行っています。それに伴い、教える講師の数も増やしていかなければならないという現状があります。そのため、講師として働きたいのであれば、この時期を中心として探していくのがおすすめです。

ピアノ講師全体の求人はそれほど多い訳ではない

普通の企業に勤める場合と違って、ピアノの講師というのはある意味特殊な職業と言えます。全体の求人の数から言うと、普通の企業に勤めるよりは数も少なくなっています。ピアノ人口は楽器演奏者の中では多い方ですが、結果として仕事を探している人も多いということになり、結果として狭き門となっています。1つのポストをめがけて多くの人が募集してくるということもある訳です。そのため、この業界で生きていこうと思うのであれば、スキルアップしていくことも必要です。たとえば、大手の楽器メーカーが行っているグレード試験を取得していくなども1つの方法です。講師として応募する際に、履歴書に記載できる資格として、できればグレード試験などをパスしておけば、何も無い人よりは有利になるでしょう。

最近増えている大人向けの指導者

一昔前までは、ピアノといえば、子供の頃から習うのが普通でしたが、最近は子供の数も減っていることもあり、また習い事なども多様化していることもあり、ピアノを習うのは子供に限る訳ではなくなってきています。むしろ、自分でお金を稼いで自由になるお金も持っているけれど、子供の頃は様々な事情で習えなかったという大人の人がピアノを習うというケースも増えて来ています。大手の教室の中でも、大人のためのピアノ教室のクラスを持っているところも多いです。子供への指導と大人への指導はアプローチの仕方も違うため、大人をターゲットにした指導ができるピアノ講師の需要は、むしろ増えてきていると言えるでしょう。大人も教えられるスキルを身に着けておけば、求人は意外と見つかる可能性が高まります。

初心者から上級者まで誰もが楽しめるレッスンをご提供いたします! 初めての方は特別料金でレッスンを受けることが可能ですので、興味がある楽器等ございましたらお気軽に申し込みください。 音楽を通じて人間性を育むことは、学習塾では得ることのできない貴重な経験です。 創業24年の伝統ある総合音楽教室です。 ソルフェージュ・システム・メソッドによる有効性の高いレッスンシステムが特徴です。 ピアノ講師の採用・求人・募集情報はこちらをチェック